音で風景が見える?全盲のロッキー【シェアハウス/リバ邸の住人】


朝起きると、全盲のロッキーが小さいピアノを弾いていた

あぁ、音楽ね・・・

なるほどね・・・

と思いつつも驚きながら

俺)え、ロッキーピアノ弾けると?

ロ)弾けませんよ笑、三か月前に買いましたからね笑

俺)あ最近ったい笑、なんで買ったと?

ロ)だってピアノ弾けたらカッコいいじゃないですか!

俺)いや理由浅いんかい!!笑

ロ)でも僕は楽譜が見えないから分からないし、
探せないんですよ。それが悩みです。

そう言ったロッキーの表情は別段
悩んでるようには見えなかった。
そんなことはとうに超えているのだろう。

目が見えない時点で何か新しい事を始めるという
挑戦そのものを

【しないこと】

とかってに思っていた自分に気づかされた。

続けざまに

俺)ロッキーにとって音楽ってなんなん?

ロ)そうですね・・・風景を見せてくれるな~って、
音の組み合わせだけでも色んな想像が出来ますね。

なんちゅう素敵な事を言うんだこいつはああああ!!!

と思ったが

この言葉の本質には

目が見えてないから出来ること

目が見えてるから出来ないこと

が実はあり、

どちらも、どっちもどっちなんだ

という真実めいたものがあるように感じられた。

目の見えない彼にとって音には色がある。
だから音色なんだね。

 

動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=VleuuhgMFu0&t=1s

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲のフリーランス

    【全盲のフリーランス生活】自粛要請に伴い、家にいる毎日。…

  2. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/ヒモのペルー人の生き方

    買い物から帰ってくるとシャエハウスの住人のヒモのペルー人が…

  3. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲でもyoutbeを観る男

    全盲でもフリーランスとして活躍しているロッキーは普段か…

  4. シェアハウス

    東京のシェアハウスリバ邸の住人/全盲の人

    【僕が恋をしたのは盲目の男性でした】この日は内見の人が20時からシ…

  5. シェアハウス

    江戸川区のシェアハウス「リバ邸」の面白い住人達/酔っ払い編

    【初めて人に怒鳴ったら、家族と思えた】シェアハウスをやっている…

  6. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲の人との初日

    【全盲者との初日】コロナの事で新住民のキャンセルが増える中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ブログ

    ライザップ①ケンシロウボディコンテスト
  2. ブログ

    ライザップ⑧×ギックリ腰
  3. ブログ

    ライザップ⑩×チェンジ
  4. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅①!!サンフランシスコ~グランドキャニオン!!
  5. 世界旅行記

    ラッキータウンのイカ砂漠1週間250㎞マラソン⑥虹の戦士
PAGE TOP