愛着障害の友達④イジメにあい、父親が死んでも恵まれてると思った。


友達でね……

凄く、凄く、不憫な人がいたんだ……

 

初めて会ったのは四年前

 

彼はとっても面白くて

俺はとっても彼の事が好きになった。

 

でも、周りからは信頼はないし

なぜか人に嫌われようとしてる様に見えた。

 

それから俺は彼から色んな過去の話を聞いた。

 

どうやら学生時代はイジメられていたらしい。

 

そのお陰で面白くなったんだと。

友)なんか、ある日イジメに対してギャグで返したら面白がられてなくなったんだよね笑

 

俺)はぁ〜お前は本当に面白いな〜笑

 

彼の面白くなる事に対しての一生懸命さは

ここから来たのだとえらく腑に落ちた。

 

そんなある日、俺は彼に訪ねた。

 

俺)お前なんで、人に嫌われようとすると?

 

友)なんでか分からん笑、でもなんか怖いんよね笑

 

俺)なんがや??

 

友)人と仲良くなるのが……俺なんて誰からも好かれんやろうし笑

 

俺は、本当にびっくりした。

何故なら俺は、彼が大好きでそれが伝わっていなかったから。

 

俺)お前さ、なんて生きとうと??

 

友)生きてるから。

 

俺)じゃあ今死んでもいいと??

 

友)そやな〜そんときゃそんときや笑

 

俺)お前が死んだら俺は泣くよ。それでもや??

 

友)嬉しいね〜。え?え?え?ケンシロウちゃん泣いとるやん!!なんで??笑

 

自分でも、抑えきれない程の涙が溢れた。

 

彼は……自分が大切な事を知らないのだ。

 

彼の生い立ちはあまりにも不憫だった。

 

父親は十代の時に他界し、父親が経営していた会社は乗っ取られ

 

母親と祖母は仲が悪く、家が嫌で外に出ると

 

イジメられていた。

 

そんな人間が……

自分を大切と思う事は難しいのかもしれない。

 

そんな矢先、彼は不運にも膝を壊した。

病院に行けと言ったか彼は

 

どうでもいい〜

 

と言いながらほっておいた。

 

だんだん足は悪くなり

得意のダンスも踊れなくなっていった。

 

俺)お前、はよ病院行けや。またお前と踊りたいっちゃん。

 

友)ごめんね〜めんどくせぇ〜笑

 

これも驚いた。

 

俺は子供の時に、転んで擦りむいただけでも

母親に

 

病院に行きなさい!!ばい菌が入って腐るかもしれんかろうもん!!

 

と言われる程、過保護に育った。

 

彼と俺の育ちはあまりにもかけ離れているのだ。

 

だが、そんな彼にも……彼女が出来た。

 

すると、彼は膝を治す為に病院に行き始めた。

 

俺)お前なんでいまさら??

 

友)彼女がね、心配してくれるっちゃん。やけん、治さないかん!!

 

本当に、嬉しい言葉だった。

 

彼は彼女に大切にされる事で自分を大切にしようとしているのだ。

 

愛の芽生えだ。

 

それから、二人は結婚した。

 

俺はその知らせを泣いて喜んだ。

 

だが、結婚して一週間後

 

たまたまネットで調べ物をしていたら

 

愛着障害

 

という言葉に出会った。

 

要約すると、大切な物が出来ると

怖くなり、避けるという事だった。

 

記事を読めば読むほど彼の事が心配になった。

俺は彼にそのサイトを見せた。

 

すると彼は

 

友)いや、俺の事書いとうやん!!うわ、怖っ!!結婚して一週間経つけど何でか分からんけど、丁度嫁と離れたくてしょうがなくなっとったんよ!!

 

俺)そうか……まぁ理解してもらえるきっかけになればいいな。

 

友)そうやな!!ありがとう!!

 

やっぱり子供の時に芽生えた物は一生消えないのかもしれないと思った。

 

あれから三ヶ月

久し振りに彼に会った。

 

俺)久し振りやな〜最近どうや??

 

友)ほんっと、幸せええええ!!!

 

俺)え??

 

友)も、とにかく今俺幸せっちゃんね〜

 

俺)そりゃあ良かったな笑

 

友)こんなに自分を愛してくれる人に巡り会えるなんて幸せでしかないよ!!

 

彼がこんな事を言う日が来るなんて思ってもみなかった。そしてもっと驚く事に

 

友)俺、めちゃくちゃ恵まれてるわ!!

 

俺)なんで??

 

友)いい家庭に育って、愛してくれる人と結婚してこれ以上に恵まれとう事なかろう??笑

 

彼はめちゃくちゃいい笑顔を俺にくれた。

 

俺)お前の家庭、恵まれとうか??笑

 

彼)そうよ〜親離婚してないしさ。ありがてぇわ!!笑

 

俺は……思わずツッコミそうになったが

彼の素晴らしさに涙が出た。

 

世の中に自分が不憫だと思って幸せになれない人がどれだけいる??

色んな人に出会ったが彼は世の中の不幸話を全てつめ合わせた様な生い立ち…

 

そんな彼が自分を恵まれていると言い放った素晴らしさ。

 

乗り越えたんだろう。受け入れたんだろう。

 

俺)お前、すげぇわ笑。誰よりも自慢の友達や笑

 

友)ありがとうね〜笑、嬉しか〜笑

 

彼は福岡出身でもないのに、俺の博多弁がうつっているのが一緒に過ごした時間を物語っていた。

 

自分の足りない物を数えて構われようとするより

自分の持ってる物に気づいて幸せになる。

そうすれば、どんな事も有難く恵まれていると思え、また幸せになる。

 

とてつもない衝撃と学びをくれた。

 

愛は素晴らしい。愛こそ全てだ。

これからも愛全開!!おめでたさ満開で生きていきましょ!!笑

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. 愛着障害の友達

    愛着障害の友達③新婚なのに妻と離れたい

    人っていうのは、誰もが誰かを傷つけたいわけではない。傷…

  2. 愛着障害の友達

    愛着障害の友達②嘘をつき続けてきた男

    愛着障害の友達Aとデブの友達Bのお見舞いに行った時…

  3. 愛着障害の友達

    愛着障害の友達⑤人に必要とされたと初めて思った。

    【その力、人の底力】誰からも必要とされず、…

  4. 愛着障害の友達

    愛着障害の友達①人を変えられるもの。

    たまに、性格悪かったりクズな人っているよね。でもその人の生い立ちと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ブログ

    世界を旅するお笑いライブやります!
  2. ブログ

    ライザップ⑤×セッション5
  3. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン㉝恥も外聞もねぇ
  4. ピースボート

    ピースボート世界一周!必須持ち物5選!
  5. ブログ

    パークマンサーと踊ったよ!世界一周学校文化祭レポ初日
PAGE TOP