東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲の人のLINE


今日は全盲のロッキーに

LINEを送る様を撮らせてもらった。

全盲者の連絡手段としてもLINEは便利らしい。

ロ)最近はLINEが主流ですよ。

俺)そうなんだ

ロ)もう、既読つけたかどうかとかドキドキです笑

俺)まじ??相手に伝わってるかどうかとか??

ロ)そうそう。

やっぱり気にするところは俺たち目の見えている側と同じなのだ笑


iphoneの読み上げ機能を使い操作するロッキー。

暗い画面を操作する彼が何をしているか全くわからなかったけど

あっという間に俺にメッセージが届いた。

やっぱ凄い・・・

そしてなんだかその送られたメッセージが自分の中で

宝物になった気がした。

たった一文、

こんばんは

という他愛ないメッセージなんだけども

彼の色んな凝縮した人生が詰め込まれた一文だったから。

うん??

待てよ、

でも普段何気なく連絡をくれたり
返信をくれる人も

忙しい合間をぬったり
自分の気持ちが伝わるのかとか
色んな事を考えて送ってくれているのか・・・

つまりはさ、

目が見えてなかろうが見えていようが
全て自分に何かをしてくれる時

そこには

想いが

あるんだね。

また一つ、物事の見える幅が増えた気がした。

いや、ほら、

そういう事って大事だけどなかなか
考える、感じる余裕ってないやん??

そういうのを一緒に暮らすと
体感できてやっぱりいいね。

だけどまだ、僕には
見えている側と見えていない側という境界があって、
そこの境界が今後どうなっていくか
自分でも楽しみ。
区別や差別、イジリやイジメの答えがある気がするっちゃんね~

 

YouTubeでこちらの様子を載せていますので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=wGRRXDjCsjM

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/ペルー人と懸垂台

    シェアハウスに住んでいるヒモのペルー人がぺ)ねぇねぇ、…

  2. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲者の朝のゴミ出し/電柱に激突

    朝起きると開口一番に俺)ロッキー、ゴミ出し行かない??…

  3. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲のフリーランス

    【全盲のフリーランス生活】自粛要請に伴い、家にいる毎日。…

  4. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲でもyoutbeを観る男

    全盲でもフリーランスとして活躍しているロッキーは普段か…

  5. シェアハウス

    全盲者なのにファンから電話がきた!?【シェアハウス/リバ邸の住人】

    今日はシェアハウスの元住人から是非、全盲のロッキーと話してみた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 愛着障害の友達

    愛着障害の友達⑤人に必要とされたと初めて思った。
  2. ブログ

    ライザップ⑦×パニック障害
  3. ピースボート

    ピースボートの実態!ピースボートセンターで出来ること3つ!
  4. ブログ

    ライザップ⑩×チェンジ
  5. 世界旅行記

    ケニア/シャーマンの旅⑨センゲーニャ
PAGE TOP