江戸川区のシェアハウス「リバ邸」の面白い住人達/消えた人


【両親は小6の時、僕を置いて逃げました】

 

シェアハウスの最寄り駅で新しい住民Tと合流し、家に着くまで身の上話をした。

 

)出身どこなん?

 

T)広島です。

 

)あーね。俺の一番仲いい友達も広島ばい。実家に住んどったと??

 

T)そうですね。

 

)なら東京出てくる時、親はなんか言いよったろ?

 

T)いえ、親いないんで何も。

 

)あ、そうなんや。お父さん?お母さん??

 

T)両方です。僕が小6の時に僕を置いて借金かなんかで逃げました。

)まじ!?え!?で、どうなったと??

 

T)きょうだいが下に三人居たのでヤバかったです。

 

)え!?4きょうだい!?おま、ヤバかったって!?それどころじゃなかろうもん!!

 

T)そうっすね笑、なんとかして働いたり盗み食いしてましたよ。でも盗んだものをきょうだいに食べさせたけど、自分は罪悪感で食べられませんでした。

 

)あぁ……そうか………優しいんやな。

ほんで、きょうだいは今は何しようと??

 

T)一番下も自立したんで、僕は東京に出ました。

 

)あ、そうなんや。一番下はいくつと??

 

T)中3です。

 

)いや、はえーやろ!!笑

 

T)ま、男の子は中学卒業すりゃ生きていけますよ。次男はもう結婚したし、長女も高校卒業しました。

 

)てか、T君いくつ??

 

T)22歳です。

 

)そうなんや。今まで死にそうなった事ある??

 

T)…………有りすぎて覚えてないです。

 

)幸せやった事は??

 

T)ないです。

 

)笑。

よう、死のうとせんやったな。

 

T)きょうだいがいなかったら、とっくに諦めてましたよ。俺がいなくなったらあいつらが生きていけなかったんで、それだけは嫌だなと思いました。

 

そうこうしてる内にシェアハウスに着いた。

 

)今日からここが、T君の家ばい。ペルー人も住んどうけど俺らの事はお兄ちゃんと思っていいけんね?ブラザー笑、困ったら何でも言ってね。

 

T)はい。

 

それから、三人での暮らしが始まったんだけど

 

T君は俺に何かを頼ることは一度もしなかった。

こっちで用意すると言ったタオルや毛布も自分で買ってきて、ボールペンでさえわざわざ自分で買ってきた。

 

この子は、人に頼ることが出来ない。

 

一人で生きてきたんやなぁ……

 

だいたい本当に助けてもらいたかったのは

小6の時やったろうしなぁ……

 

そんな夜、

 

T君がバイトに応募する為の履歴書を書いていた。

 

わざわざ鉛筆で下書きして、ボールペンで書いて、綺麗な字だった。

 

この子は本当に優しくて真面目なんだ……

 

それから数日後T君は仕事を始め、研修があるとの事で三日間家をあける事になった。

 

だけど、

 

三日経っても四日経っても帰ってくる事はなかった。

 

LINEもしたけど、既読がつく事はなかった。

 

あ、これ、、、

 

と思い、T君の部屋のクローゼットを開けると

 

初日に来た時のスーツケースがなかった。

 

うわっ!

 

あ……

 

あぁ……

 

いや、でも何かあるかもしれん!!

 

タンスを開けると中には、

 

先週号のジャンプがあった。

 

いや、購読するタイプかい!!

 

と思った。

 

結局T君はいなくなった。

 

心当たりとしては、

 

ここが幸せ過ぎたんだと思った。

 

俺たちは夕御飯を一緒に食べたり

仕事で何があったか話したり

たわいもなく、理由もなく、

毎日笑顔だった。

 

だけど、T君にはそれがあまり

理解出来ていない感じだった。

 

俺は子供の時に、お母さんが夕飯を作っている横で笑いながら一生懸命その日あった学校の話をしてた。

お母さんは笑顔でよく聞いてくれた。

 

俺にとってはそれが家だ。

 

T君の箸の持ち方、食べ方、片付け方、

 

どれをとっても無教養だった。

 

この子は本当に

 

親と一緒にご飯を食べてこなかったんだろう。

 

もし、何かの弾みでT君が家にまた来てくれたら

 

最新号のジャンプを読ませてあげようと思った。

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲でもyoutbeを観る男

    全盲でもフリーランスとして活躍しているロッキーは普段か…

  2. シェアハウス

    江戸川区のシェアハウス「リバ邸」の面白い住人達/酔っ払い編

    【初めて人に怒鳴ったら、家族と思えた】シェアハウスをやっている…

  3. シェアハウス

    東京のシェアハウスリバ邸の住人/全盲の人

    【僕が恋をしたのは盲目の男性でした】この日は内見の人が20時からシ…

  4. シェアハウス

    全盲のロッキーが作る秘伝のカレー【シェアハウスリバ邸/視覚障害】

    【目は見えてないけど、笑った顔がかわいいと思ったんですよね。】…

  5. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/全盲者の朝のゴミ出し/電柱に激突

    朝起きると開口一番に俺)ロッキー、ゴミ出し行かない??…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. シェアハウス

    東京のシェアハウス・リバ邸の住人/ヒモのペルー人の生き方
  2. ブログ

    【衝撃】遺伝子検査キットジーンライフの結果がきた!【遺伝子をめぐる旅第0章】
  3. 世界旅行記

    ケニア/キベラスラムの旅⑯エムペソ
  4. ブログ

    ラッキータウン物語①~お前、芸人向いてないよ。~
  5. 世界旅行記

    ラッキータウンのペルーイカ砂漠1週間250㎞マラソン①本当の失敗とは?
PAGE TOP