タイ×水かけ祭り×ラッキータウン②


前回のあらすじ

タイの水かけ祭りに溶ける水着で参加する為に

溶ける水着を探したが、出てきたものは

ドイツ製の水着や(買うにはドイツ語のサイトを使わなければならない)

GUCCHIの水着(4万7千円)

と、現実に手に入れるには難しいものばかりだった・・・

いや、なんでGUCCHIが作ってんだよ!?(フェイクニュース?)

どうすればいいんだ??

このまま溶ける水着をあきらめなくてはいけないのか??

そう思った瞬間、僕は新たな天啓を授かったのだ。

前回の記事はこちら

 

本文

 

え???

ないなら作ればいいんじゃね???

 

これはまさに、熱意と馬鹿さ加減から生まれた発想!!

 

確か水に溶けるメモ帳があったはず!!(何年か前にニュースで観た)

あれを使えば作れる!!!

俺はすぐにパープルに

水着の問題は解決した!!

これ、いけるぞ!!

と送った。

 

パープルは深くは聞かず

おけ~

とだけ、適当な返事をしただけだった。

 

そしていよいよ4/13土

準備万端で馬鹿な俺たちはタイに出発した笑

タイには飛行機で6時間ほどで着いた。

タイは日本より熱いし、何より水かけ祭りはもう始まっている日にちだったので

着いてそうそう濡れてもいい服に着替えた。

もちろん、水に溶ける水着ではないよ笑

 

タイといえばカオサンロードが有名で

空港からバスで直通だったので

さっそく下見がてらカオサンロードに行った。

 

すると、音楽や人、水鉄砲でカオサンロードは溢れかえっていた!!

 

 

この後何人にも水をかけられた!!

まったく知らない人たちに!!

日本ではありえない状況だったけど、

これ、溶ける水着やったら一瞬やったな笑

と思った。

 

下見も終わったので、泊まる予定のホテルまで

トゥクトゥクで帰ることにした。

 

・・・

 

こっからが、まっじで大変やった!!

も、

ばっしゃん!!

ばっしゃん!!

至るところから

バケツで、ホースで、水鉄砲で!!

洪水かよ!!

て量の水をかけられた笑

 

いや~

 

参った、参った!!笑

 

さっすが、海外。

 

まっじで日本ではありえない状況に

俺は楽しくてたまらなかった!!

 

そして次の日、

この旅の目的である

タイの水かけ祭りで溶ける水着を着て行く。

という大義を果たすのである笑

 

次の記事はこちら

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. ブログ

    ラッキータウン物語②尖ったナイフ

    あらすじ初めて入った芸人の世界。養成所の講師にネタを見せて…

  2. ブログ

    ラッキータウン物語①~お前、芸人向いてないよ。~

    どうも〜世界一幸福な都市のラッキー!!タウンです!!宜しくお願いし…

  3. ブログ

    キャンピングカーアメリカ横断!ルート解説!

    TABIPPOさんで『旅大学』講師したり、世界一周学校の総合司会をした…

  4. ブログ

    ねぇ見た?旅祭でラッキータウンが起こした奇跡!!

    今日は全国の旅人、旅好きが集まる祭典旅祭!!&nbsp…

  5. ブログ

    ライザップ⑯×最終日

    遂にライザップで最後のセッションの日が来た。ケンシロウボディコ…

  6. ブログ

    アスペルガーと虹の戦士と人の役割

    いや、もうやばいんだって!!いい加減ひとごとじゃないんだって!!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ブログ

    世界チャンピオンってどんな人か知ってる?世界一周学校文化祭最終日
  2. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅④!!アトランタ&ケンタッキー州~ペン…
  3. ブログ

    斧から作って旅をする。ヤバすぎ。関野 吉晴って誰?【遺伝子をめぐる旅】
  4. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑯微炭酸
  5. 世界旅行記

    ケニア/キベラスラムの旅⑰オギラ
PAGE TOP