ブログ

斧から作って旅をする。ヤバすぎ。関野 吉晴って誰?【遺伝子をめぐる旅】

ジーンライフの遺伝子検査をして、ハプログループという自分の祖先がアフリカからどんなルートによって日本へやってきたかを体験する。

という旅をラッキータウンは計画中なのですが、その旅をするにあたって僕パープルが尊敬しているヤバいお方がいます。

それが関野 吉晴さん。

関野さんがいかにヤバい人なのか紹介します。

人類の起源をめぐる旅 グレートジャーニー

グレートジャーニーというのはフジテレビ系列で1995年から2002年にかけて不定期で放送されたドキュメンタリー番組です。

その内容というのが人類と言うのはアフリカで産まれて様々なルートをたどって南米までたどり着くのですが、そのルートおよそ5万キロを逆ルートからさかのぼって行く旅を追った番組なんです。

そしてその旅をしているのが関野さんです。

その旅路では
・2カ月かけてアタカマ砂漠を自転車で走破。
・アマゾンでいかだを作って進む。
・冬のアラスカを犬ぞりで700キロ走破。
などなど

全部自力で行くんです。

ヤバいでしょ。

アタカマ砂漠って最高気温が50度、最低気温がマイナス10度でしかも平均高度が2000m越えてて、「死の道」って言われてるんですよ。

それなのに自転車で走破。2か月もかけて。
僕らも砂漠マラソンで最高気温40度近くを体験しましたけどとんでもなく過酷でした。しかも僕らの時は大会側が毎日水を配布してくれました。
なのに関野さんのときにはおそらく水を配布してくれる人なんていなかったでしょう。

ヤバすぎますって。

人類の起源をたどる旅グレートジャーニーは10年かけて終了しました。

すごいでしょ。
こんな冒険できますか?

と思ってたらまだ早いです。

その旅を終えた関野さんは次なる旅に、日本人の起源をたどる『新グレートジャーニー』をスタートします。

とは言っても

前より道のりは少ないし、危険な海の旅もないやん。

と思ったら大間違い

関野さんは
旅に使う船を作るため

の木を切るため

の斧を作るため

の砂鉄集めから始めます。

えええええええええ!?!?

果てしないやん。
ヤバすぎる。
冒険家すぎる。

なんでそんな旅をするかっていうと

昔の人々がどんなふうに広がっていったのかを自分の肌で感じてみたかったから

シンプル。

こんなヤバすぎる旅人、尊敬せざるを得んでしょ。

そんな関野さんのグレートジャーニーDVDはこちらから。

遺伝子を巡る旅

そしてそんな関野さんの旅を胸にラッキータウンは遺伝子をめぐる旅に出ようと考えています。

僕らの遺伝子をめぐる旅はジーンライフの遺伝子検査をして、ハプログループを解析して

自分の祖先がアフリカからどんなルートによって日本へやってきたか体験する。

というもの。

ではどんな仕組みで分かるのか紹介します。

遺伝子検査とは

ヒトのカラダは筋肉や皮膚、心臓、脳などいろんなパーツで構成されています。
それぞれのパーツは細胞によって作られています。
ヒト一人当たり細胞の数はおよそ60兆個もあります。

60兆個もあるいろーんなパーツの細胞はすべて同じ設計図をもっています。
そのヒトのカラダの設計図が「デオキシリポ核酸(DNA)」と呼ばれる物質によって書かれているそう。
そしてそのDNAは
・アデニン(A)
・チミン(T)
・グアニン(G)
・シトシン(C)

の4つで構成され、この「A」「T」「G」「C」の並び方が親から子へと受け継がれている遺伝情報なんですって。

うーん、まぁよく分からないけど、人はDNAで構成された遺伝子で出来てるってことですね。

そしてヒトの遺伝情報を違いや傾向を調べていき、遺伝子を解析することで自分のルーツやどんな病気にかかりやすいか、どんなダイエットが適しているかが分かるってことらしいです。

とはいえ全部が全部遺伝子によって決められているかと言えばそういうわけではなく、だいたい30%ぐらいが遺伝子によって決められているらしいです。
他の70%は環境で決まるそう。
そしてこの遺伝子を解析すると祖先が分かるということです。

遺伝子検査で自分の祖先が分かる

一体どんなメカニズムで自分の祖先なんてものがわかるのでしょうか。

日々研究が進む人類遺伝学では、祖先研究が注目を浴びています。近年では母から子へのみ伝えられるミトコンドリアDNAの系統研究で世界の人類の伝播のルートが解ってきました。既に世界中で50万人以上が遺伝子検査を通じて、遥か遠い祖先とのつながりを知ることができました。

(中略)
このミトコンドリアDNA検査であなたのルーツをお調べします。

ミトコンドリアDNA(mtDNA)とは母親からのみ遺伝するDNAです。
1987年にアメリカ・ネイチャー誌に発表された、レベッカ・キャン博士らによる「ミトコンドリア・イヴ論文」によると ミトコンドリアDNAの特性を用いて母方の家系を辿ると「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる「ある一人の女性」に辿りつくと言われており、この女性こそが人類の現生人類の最古の共通祖先にあたると考えられています。 その後何万年もかけて、人類はまだ見ぬ世界を求め、各地へと旅立っていきました。

人類の共通の母「ミトコンドリア・イヴ」の子孫たちは、長い年月の中で ミトコンドリアDNAの突然変異を繰り返しながら、様々な人種に枝分かれしていき、 現代の世界の人々はおよそ35人の母親の子孫であるといわれています。

日本人の95%はその中の9人が起源とされています。

引用元 ジーンライフhttps://sales.genelife.jp/product/haplo?_ga=2.220781343.649433231.1523892238-913565813.1523737819

ということらしい。

とりあえず『ミトコンドリア・イブ』なんかすげえ。

そして日本人のミトコンドリアグループはだいたい9つに分けられるそうです。

そこで分けられたハプログループたちはそれぞれルーツが違っていて、それらの特徴も違うってことなんです。
そして自分のルーツを遺伝子検査で明らかにして、ルーツを旅しようっていうのがラッキータウンの遺伝子をめぐる旅なんです。

僕らと同じ遺伝子検査は下のリンクからできます。



最後に

ラッキータウンの遺伝子をめぐる旅

色んなアイデアが欲しいです。
っていうか資金が一番ないですけどもろもろ足りてない状態です。

いつごろにスタートできるかも微妙ですが僕らがワクワクする限り、遺伝子をめぐる旅へ行きます。

これからも応援お願いします。

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. ブログ

    ライザップ④×サバリターン

    6/8ライザップで3回目のセッションを受けた。レッスンが始まる…

  2. ブログ

    世界を旅するお笑いライブ!中国編!

    はいどうも〜!!世界一幸福な都市の!!…

  3. ブログ

    ねぇ見た?旅祭でラッキータウンが起こした奇跡!!

    今日は全国の旅人、旅好きが集まる祭典旅祭!!&nbsp…

  4. ブログ

    ライザップ⑩×チェンジ

    7/10火減量期に入ったものの特別な指導は受けていなかったので…

  5. ブログ

    ライザップ⑬×日サロ

    8/4土なんと、筋肉を良く見せるには肌が黒い方がいいらしい。…

  6. ブログ

    キャンピングカーアメリカ横断!ルート解説!

    TABIPPOさんで『旅大学』講師したり、世界一周学校の総合司会をした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 世界旅行記

    ケニア/シャーマンの旅⑦ヴァスコ・ダ・ガマ
  2. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅!!ベスト3!!
  3. ブログ

    世界チャンピオンってどんな人か知ってる?世界一周学校文化祭最終日
  4. ブログ

    ラッキータウンのクラウドファンディング
  5. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅⑤!!ニューヨーク!!
PAGE TOP