世界旅行記

ケニア/シャーマンの旅⑪儀式プングヮ

あらすじ

ケニアのドゥルマ族の村を訪ね、次々と起こる不思議体験!!

ついに儀式はクライマックスに!!

果たしてラッキータウンに精霊は舞い降りるのか!?

前回の記事はこちら

本編

夜9時、車でホテルを出発。

儀式のある広場へと向かう。

広場は何やら物々しい雰囲気だった。

儀式のクライマックスという事で皆、気持ちがほとばしっていたのだろう。

なんたって40年ぶりだ。

 

しかもこの儀式は、病気にならないと出来ないらしく

やりたいからと言って出来るものではないらしい。

 

当然マテラ長老の親族もいっぱいいて

娘のスワムと写真を撮った。

この俺の浮足立ってる感じ凄くない!?笑

実はスワムは一番踊りが上手でこの期間中儀式の度に何度も

精霊が舞い降りて失神していた。

 

スワムは

うちのお父さんは凄いのよ!!なんたってあたしみたいな

美人で踊りの上手な娘のお父さんなんだからね!!

と笑顔で言っていた。

 

高飛車な女はタイプだ笑

 

スワムともっと話したいと思ったが、俺は英語が喋れない・・・

いや、そんな事は言い訳か。

もっと感情を解き放ち、考える前に行動するようにしないとな。

と儀式のクライマックスを前に俺はとてもつもなく俗物的な事を考えていた。

 

いや、何してるんだろうね?笑

 

いざ儀式が始まったのだが、

あまり人は来なかった。

おそらくもう、伝統は廃れているのだろう・・・

今までになかった学校や、会社。

若者は村を離れて都会に出ているらしい。

ケニアが国として豊かになる為に失われている物もあるような気がした。

でも、それは仕方のない事だし見方によっては良い事だとも思った。

 

センゲーニャが始まると、すぐにスワムは失神していた。

 

俺はスワムの所に駆け寄ると

スワムは笑顔で俺の手を引き

一緒に踊ろうと言ってくれた♡

 

そして、俺もスワムと一緒にセンゲーニャを踊った。

 

ひとしきり踊るとスワムに

 

愛してる

 

と伝えた。

 

するとスワムは

 

知ってるわ

 

と応えた。

 

いいぃ~女だぁ~。

そしてまたスワムはまた踊り出し失神した。

 

あぁ・・・英語が話せればもっと愛を育められるのに・・・

 

時刻は深夜2時。

俺とパープルはテントで寝る事にした。

そして朝9時頃(3/3土)

続々と人が集まってきた。

どうやら他の部族の人たちはこのタイミングに合わせて集まったようだ。

 

とても、鮮やかな色合いの服装でそれぞれ色には意味があり

精霊を表しているらしい。

 

いよいよ儀式もクライマックス

マテラ長老の顔を見ると、とてもとても

いい顔をしていた。

男マテラの覚悟を決めた顔だ。

この儀式によりはれてマテラ長老は正式に旗持ち(この地域のリーダーの1人)になったのだ。

 

そして、日本からも旗持ちが選ばれた。

それが千晶さんと匡哉さん!

このドゥルマ族の文化を広めて欲しいという事だった。

 

もともと9つの部族から12人の旗持ちが選ばれるプングヮという儀式だという事らしいが

今回は16人が選ばれた。

これはドゥルマの文化が失われそうだから、突発的にマテラ長老が考えての行動らしい。

マテラ長老は文化を守ったり広めたりするのがとても上手で古いしきたりにこだわらず

新しい物を取り入れて、継承していくのが得意のようだった。

 

実は、旗持ちはこの日

マテラ長老の息子さん(現在ドイツ在住)

他の部族で民俗学を大学で勉強している女性(現在アメリカ在住)

千晶さん、匡哉さん(現在匡哉さんは日本在住)

と各国に住んでいる人々も就任された。

 

そして僕ら日本はセンゲーニャジャパンというチームを立ち上げた。

もちろんラッキータウンもメンバーですよ!!

もしかしたら、ツアーであなたの街にやってくるかも!?笑

 

儀式は終わり、これから皆でお昼ご飯を食べる事になった。

 

その時、自転車でアイスを売っている青年が現れたので買おうとしたら

 

こういう風に売ってるアイスは家で水を凍らせて色を塗っただけのやつもあるから

気を付けてね。

 

と教えてもらったので絶対に買わない事に決めた笑

 

いや、色塗るって何!?笑

 

こうしてこの旅の目的である儀式プングヮは終わった。

 

ホテルに車で戻ると、また、

とんでもない事が起こった笑

 

ラッキータウンプロフィール

世界一周テイナーのラッキータウンです。

一度も就職したことがない男、ラオウ。
ブラック企業に勤めていたパープル。

そんな二人が出会ったのは世界一周の船旅だった。
世界一周後も意気投合した二人は運命共同体となり、芸人を目指すことに。

その間も旅を続けており、アメリカを横断を計画していた矢先、パープルの癌が発覚。

癌になった自分だからこそ伝えられるものがあると思い、旅をする人生から挑戦する人生へとシフト。

そして今では、自分の人生を楽しむ人が増えてほしいと思い、人に『衝撃と笑撃』を与える活動をしている。

関連記事

  1. 世界旅行記

    ラッキータウンのイカ砂漠250㎞マラソン⑨弁当箱

    みんな、知ってた!?日本の常識は世界の非常識!?これが、外国の…

  2. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑱応援歌

    あらすじ世界一過酷な砂漠250㎞マラソンに挑戦中のラッキータウン!…

  3. 世界旅行記

    イカ砂漠250kmマラソン㉚目に見えないエネルギー

    あらすじ世界で最も過酷な砂漠マラソンに挑戦中のラッキータウン!!…

  4. 世界旅行記

    ラッキータウンのイカ砂漠1週間250㎞マラソン⑥虹の戦士

    ホテルでチームメイトとのミーティングをした後、お昼にレストランへ皆で行…

  5. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑫砂漠の歌

    明日は、世界で最も過酷な砂漠マラソンの1日目。そんな状況の中、…

  6. 世界旅行記

    ピースボート体験談!評判気にせず行ってみた!南米諸国編!

    世界一周芸人のラッキータウンです!ピースボート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ピースボート

    ピースボートへ持っていくべき服装5選!
  2. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅④!!アトランタ&ケンタッキー州~ペン…
  3. ブログ

    【驚愕】世界一周学校文化祭が奇人変人だらけでヤバすぎ!絶対行くしかない!!
  4. 世界旅行記

    ラッキータウンのイカ砂漠250㎞マラソン⑦荷造り
  5. 世界旅行記

    ピースボート体験談!評判気にせず行ってみた!アフリカ大陸編!
PAGE TOP