世界旅行記

ケニア/シャーマンの旅⑨センゲーニャ

あらすじ

ついに始まった精霊を降ろす儀式

ンゴマザペポ。

何人にも精霊が憑依し気絶していく中、また不思議な事が起こる・・・


前回の記事はこちら

人々が失神するという衝撃の現象が繰り広げられた

ンゴマザペポが終わり

今度は

センゲーニャ

という儀式が始まった。

このセンゲーニャは今から200年前にこの地域で一世を風靡した

シャーマンの歌らしい。

この儀式でも、肩を揺らし、精霊が降りてくると失神したり精霊語を話すんだとか・・・

格好としては男性は右足に鈴をつけており太鼓に合わせて鈴を鳴らしているようだった。

これは二回目のピースボートで行った南アフリカの人達が踊っている時と

凄く似ている格好だった。

 

この儀式の間に俺はシャーマンについて考えた。

シャーマンとは共感力が高い人なのでは?

と。

共感力とはつまり、相手が何を思っているか分かり自分もそう思う力なのだから

人間を超えて、動物や虫、果ては植物の声まで聞こえる(共感できる)という事ではなかろうか?

だから、この村のシャーマンには女性が多いんじゃなかな??

(男性より女性の方が共感力は強いので)

 

そして、本当に共感力がある人はシャーマンと呼ばれるようになり

ただ失神とかしてしまうだけの人は空気に流されて自己暗示で倒れてしまっているだけではないのかな?

そんな事を思っていると

 

が強く降り出した・・・

 

今は乾季なのに!?

俺は慌ててテントに戻り、寝ようかどうか考えていると

数分後にランボーさんが来て

ランボ)今、センゲーニャは中断して雨を止める儀式をやってるよ

俺)そうなんすね・・・とゆうか本当にこれはどういう事なんですかね?

ランボ)俺も分かんねぇけど、雨ごいをしたら雨が降って儀式をしたらいっぱい人が失神したのは事実だよね。

俺)そうっすね~

と言ってる間に

 

が止んだ・・・

 

俺とランボーさんは笑い出した。

 

俺)いや、もうこれどういう事よ!?笑

ランボ)完全に操ってるよね~

俺)いや、こんなにすぐ雨止められるんかい!!

 

時刻は2時になっていたけど、俺はテントから外に出て

センゲーニャの儀式に再び参加した!!

 

精霊が降りてくるとか、嘘とか本当とかどうでもよくて

ただなんとなく

儀式に参加したい自分がいたからだ。

 

でも、これが人間の本質的な生き方なのかもしれない。

自給自足をしながら、生き物や自然に感謝して、皆仲良く、たまに太鼓を叩いて踊って

精霊と戯れる・・・笑

 

少なくともここでは、自殺する人はいないんだろうな~と思った。

 

3/2金

この日はマテラ長老のご先祖様のお墓参りに行った。

お墓参りには村の人達とマテラ長老の親族が集まった。

そして、マテラ長老はお墓に着くと親族たちに自分の想いを伝えた後

マサイの戦士ジャクソンさんを呼んだ。

(スキンヘッドがジャクソンさんです)

実はこの旅には多くの日本人が関わっており、この旅のツアーガイドの千晶さん、

アレンジをしてくれた匡哉さん、そしてお手伝いをしてくれている真紀さん。

さらに、なんと真紀さんの旦那さんはマサイ族の男性でこの方が何を隠そう

ジャクソン

さんなのだ!!

ちなみに真紀さんとジャクソンさんのお話は本になっています(私の夫はマサイ戦士)

 

なぜ、ドゥルマ族のマテラ長老がマサイ族のジャクソンさんを呼んだかと言うと

今から200年前の話

マテラ長老のご先祖様のムゼーマサイはもともとムゼーリュウマという名前だったのだが

ある日、マサイ族の人と牛を巡って戦いその後お互いを尊重して血を交換した事で

リュウマという名前を変えてマサイと名乗るようになったのだとか。

 

そんなエピソードがあった事なんてジャクソンさんは全く知らずにこの場にいるのだから驚きだ。

 

導きというモノは本当にあるのだろうか?

 

真剣な顔付きでマテラ長老の話を聞いているジャクソンさん。

すると、

ヤギがくしゃみをしてジャクソンさんの股間に思いっきりかかった笑

ジャクソンさんは苦笑いをして、まるで日本人の様に空気を読んだ。

 

話が終わった後、またセンゲーニャが始まった。

どうやらドゥルマの人はセンゲーニャが大好きのようだ。

ひとしきりセンゲーニャを踊ったあと、

ある女性が突然歌いだした。

 

どういう事か、マテラ長老に聞くと

今彼女に精霊が降りてきて歌わせたのだと。

歌の内容は、日本人達が来た事によってまたセンゲーニャをする事になり一族が一つになった。

という内容でもし次にケニアに来る事があったらこの歌に太鼓が付き、振り付けまでされているとの事だった。

 

この部族には200個もの歌があるそうだが、全ての歌はこのようにして生まれセンゲーニャの様に引き継がれて伝説となっていたのだと。

つまり、

俺らはドゥルマ族の伝説の歌に出てくる日本人の一人になったわけだ!!

これって、まじ凄い事じゃね!?!?

だってもし俺に子供が産まれてその子がケニアに行った時に

ドゥルマ族が歌ってる歌の外国人って、僕のお父さんです・・・

ってなるって事やろ!?!?

 

まさかこの旅で自分が伝説になるとは思ってもみなかったな笑

 

そんなこんなでお墓参りは終わり、村へ帰る事になった。

村へと帰る彼らの姿を見ると

何百年も前からこんな風に暮らしているんだろうな~

と実感がわき、胸が熱くなった。

関連記事

  1. 世界旅行記

    ピースボート体験談!評判気にせず行ってみた!太平洋の島国編!

    世界一周芸人のラッキータウンです!ピースボート世界一周の船旅で行っ…

  2. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑪スープ

    スタート地点のキャンプ場に着き初めての朝を迎えた。昨日の夜…

  3. 世界旅行記

    ケニアでドゥルマのプングワに参加してくるね!

    いや、なんじゃこっれえええええ!!!!!世界一周芸人ラッキータ…

  4. 世界旅行記

    ケニア/キベラスラムの旅⑬ブラ隊

    あらすじケニアにて、シャーマンの旅は終わりこれから200万…

  5. 世界旅行記

    キャンピングカーアメリカ横断の旅④!!アトランタ&ケンタッキー州~ペンシルベニア州!!

    世界一幸福な都市のラッキータウンです!!キャンピングカーアメリカ横…

  6. 世界旅行記

    ピースボート体験談!評判気にせず行ってみた!アフリカ大陸編!

    世界一周芸人のラッキータウンです!ピースボート世界一周の船旅で行っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑮ミステイク!!
  2. 世界旅行記

    ケニアでドゥルマのプングワに参加してくるね!
  3. ピースボート

    ピースボート101回目プロポーズ作戦 第02話
  4. ブログ

    ラッキータウン物語①~お前、芸人向いてないよ。~
  5. 世界旅行記

    イカ砂漠250㎞マラソン⑳クソデブ!!
PAGE TOP